HOME>特集>変遷してきた中古という流通市場の特徴を知ろう

新築の性能がそのまま中古に流れる

住宅模型

市川市には新築と中古物件がありますが、不動産流通市場から考えれば、やはり新築が好まれています。中古住宅の場合、性能や品質の分かりにくさ、流通を取り扱う不動産市場の不透明さがあり、現段階では新築が選ばれているようです。しかし、住宅の質が向上してきたことで、既存ストックの有効活用が期待されています。

安さの特徴

住宅模型

市川市の中古不動産の特徴は、価格の安さです。例えば、同じ予算で新築よりも広い家を購入できたり、自分の好みに合わせてリフォームができれば、中古であっても新築みたいに改善が期待できます。また、欠陥が分かってもしっかり保証(保険)に加入する分、安いから悪いワケでもなくなっています。

中古の性能

中古不動産も、性能や品質の向上により、合理的に選択できる条件が整っています。それが、リフォームの促進、耐震や省エネ改修、リファイニングです。そのため、市川市では中小工務店などの技術力の向上が図られています。

何度も購入する

市川市でのこれまでの不動産の種類としては、一生に一度買う(建てる)ものでしたから、新築ばかりが選ばれていました。これからは、ライフスタイルに合わせて「住み替えられる」ように、中古不動産が脚光を浴びるように、消費者が必要とする不動産情報を提供するようです。これにより、一生に一度の買い物から、二度、三度と、より豊かな生活を送る選択肢が増える見込みです。

広告募集中