HOME>イチオシ情報>失敗したくないからこそ利用できるサービスなどがある

資産価値を考えて選ぶ

男性

市川市の不動産を購入するならば、将来的に売ったり、資産運用を考えた正しい選び方を知っておきましょう。基準としたいのは、立地のみならず、住宅性能の併せ技で、築10年の中古マンションの流通価格の「リセールバリュー」がどれだけ変わるのかがポイントです。市川市の駅からの所要時間、面積、新築分譲時の価格などの条件ごとに売りやすい・売りにくい、というデータ収集ができます。データは、不動産業関連の情報サイトなどからも閲覧可能です。例えば、最寄り駅からの所要時間別でチェックしてみましょう。00年分譲時価格と10年流通時価格を見比べれば、徒歩3分以内や6分以内は売りやすく、バス10分以内や11分以上となれば売りにくいことなどが分かります。損失が出にくいことを基準に、マンションやアパート、事務所や空き地などを購入しましょう。

仲介会社を利用

市川市での不動産取得や売却に関しては、仲介会社を利用していたはずです。売り手から物件を預かり、売却をするからこそ、売り手側の立場を重視した仲介になりがちでした。中には、買主の立場に寄り添って仲介する「バイヤーズエージェント」という立場で、初めて不動産を購入する人に安心できる物件選びであったり、アフターサービスをサポートする仲介会社も存在しています。買手の利益にもなるのは、買ったときの価格とあまり変わらない価格で売却ができる、いわゆる資産価値があまり減らない不動産の提案にもあるようです。

今を知ること

不動産で失敗したくないから、買手も売手も試行錯誤しながら仲介会社を選び、価格交渉などを行います。市川市で探す前には、無料セミナーを開催してくれる仲介会社を活用してみましょう。ローン減税についてや、買ってはいけない物件の見極め方、地盤の良し悪しの判断基準などは、年度によって異なります。家を買うならば知っておきたい情報は去年と今年では違います。インテリアショップでの品物のラインナップに変化があるように、設備機器に最新モデルが誕生するように、情報は常に更新されています。

広告募集中